ITは回線速度の向上でますます便利に

皆さんはパソコンや携帯電話でインターネットなどを見たことがありますか?
インターネットなどを開くと、いまやYoutubeやニコニコ動画など、動画を配信しているサービスも数々あります。
こういった動画サイトを見ていて、通信速度が遅すぎると、動画が途切れ途切れになったり、最後まで再生されなかったりというトラブルが発生してしまいます。

最近はIT技術の進化によって回線速度が格段に速くなりました。Eモバイルなどの携帯回線を用いたサービスも、最初のころはその通信速度や通信電波の弱さなどから、さまざまなトラブルが起きたりしていましたが、近年は技術もかなり向上し、こういった携帯回線を使用しても途切れることなく、快適に動画などを見ることが出来るようになりました。

サイトにつなげたり、情報の送受信も格段に早くなり、ITの世界はますます便利になってきています。 ただし、通信速度が速いというのは便利さといういい面だけを生み出したわけではありません。

東北大震災が起きたとき、いろんなデマや嘘の情報が飛び交ったか、覚えている人も多いことでしょう。
ツイッターやフェイスブックなどで、今の状況を報告する。
通信速度が速くなった分、今までより早く、被害の状況や様子などを知ることが出来るようになった反面、一つの情報から、自分の考えなどを発信したとたんにそれが拡散されてしまい、一つのデマ情報として取り上げられてしまったケースも多くあります。

IT回線が早くなって便利になった分、情報を発信する側も受け取る側も、情報に関してマナーを守ることが大切になってきます。

Leave a Reply